最新のIPO関連の情報

今年の最新のIPO関連の情報です。
まずはどれだけリターンが大きいのかをご覧下さい。

最近のIPOの傾向

この表をとってもわかるように、IPOは当選をすれば、リターンを見込みやすいというのがわかるとおもいます。
どう考えても、ローリスク、ハイリターンというのが目に見えてわかるとおもいます。
つまり、IPOは当選すればするほど、利益は比例していくと考えれます。

 

誰もがやりたい!と当然のように思いますが、本当に、

 

IPOは当選しない!!

 

これに尽きるとおもいます。
まぁ、どうせ当選しないよ、、でも、まぁせっかくだから、、といって宝くじ感覚で抽選依頼をする人も少なくはありません。

 

実は、これは一番やってはいけない方法です。
ちょっと、不思議に思う人も多いでしょう。

 

ただ、断言できるのは、
IPOの当選確率はもっと増やすことができる!

 

ということです。
以下でIPOの当選確率を上げる方法をご紹介します。

 

IPOの当選確率を上げる方法

IPOの当選確率上げる方法はざっと分けて3つです。
以下をご覧下さい。

 

1社にだけに絞らない!

これは、かなり重要なのですが、1社にだけ絞るのはかなりもったいないです。
多ければ多いほど、確率はあがります。

 

公平に抽選してくれる業者を選ぶ

実はIPOは大口の投資家に優遇し、優先されてしまうため、狭き門がますます狭くなっているのは言うまでもありません。
ですが、大口でも小口でも、平等に抽選してくれる証券会社も多いです。
こちらも資金の体力的に、そういくつも抽選依頼をかけるわけにはいかないので、公平に抽選してくれる業者を選びましょう。

 

その場合だとオススメの証券会社は、マネックス証券です。

 

さらに、外れても、ポイントが貯まり、当選確率が上がる証券会社もあります。
ポイントが貯まり続けるのでいずれは絶対に当選するので、SBI証券がオススメです。

 

 

主幹事を務める証券会社を選ぶ!

IPOは主幹事を務める大手の証券会社を選ぶことも重要です。
理由としては、主幹事を務める証券会社は、IPO全体の5〜7割程度を売る権利を持っているからです。
ですので、枠がデカイ分に、当選者が多いのも魅力的です。

 

ただし、やはり大口の投資家に回ってしまう場合が多いので、公平に抽選してくれる業者を選ぶことも
考慮しなくてはなりません。
主幹事を務めるコトが多く、さらに公平性で言えば、SMBC日興証券がオススメとなっています。

 

IPO当選確率を上げるならこの3社から申し込みがベスト!

予算の関係上もあると思いますが、3口同時に申し込みが可能であれば、この3社から申し込みをするようにしてみてください。

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

マネックス証券

抽選が平等にしてくれる業者です。

 

公式サイトはコチラ

SBI証券

抽選が外れるたびにポイントが貯まっていく業者
当選確率がどんどん高くなる!

公式サイトはコチラ

SMBC日興証券

主幹事を務めるコトが多く、
さらに平等に抽選してくれる業者!

公式サイトはコチラ

 

リクルートホールティングスってどんな会社?

株式会社リクルートホールティングスは、広告事業を主軸として、インターネットや出版などを介した情報サービスや人材紹介サービスなどを多数の分野で展開している会社です。就職関連のインターネットサービスとして有名なリクナビも展開しており、アルバイトやパート、派遣、正社員まで、様々な業種の雇用に携わっています。また、住宅関連事業としてSUUMOなどの不動産の購入や売却、リフォームなどのサービスも提供しています。さらには、ビジネスマン向けのフリーマガジンのR25などの発行を行っています。このほかにも、結婚情報のためのゼクシィなど運営にも携わっています。株式会社リクルートホールティングスは、進学などの情報提供にも事業を展開しており、リクルート進学や受験サプリなどを通して、学生の進学や受験のための情報提供も行っています。車の売却や購入のための情報を提供するサービスとして、カーセンサーなどの情報サービスも展開しています。旅行情報を提供しており、宿やホテルの予約まで可能なじゃらんのサービスも提供しています。ほかにも、グルメ情報のホットペッパーや美容情報、資格や習い事のためのケイコとマナブなどの情報提供サービスも広く展開しています。このように、株式会社リクルートホールティングスは、幅広い情報サービスを提供しており、数多くのグループ企業を抱える大企業となっています。情報端末の普及によりインターネットが誰でも簡単に利用できる環境となっているため、それに伴ったサービスの展開が今後も期待されています。